ひびっちぇ どっとこむ

技術やら何やらのブログ

これからのことを少し考えた

目下、精神障害者手帳の申請中です。

機会を作らないと自分の生活のことをあまり考えないので、ここに書くことにしました。

 

精神障害者手帳がもらえれば、2018年から障害者枠での雇用に精神障害者が加えられるため、障害をオープンにした状態で就職しやすくなるといえるでしょう。

働くことができるレベルにまで精神が回復し、精神障害に理解のある職場で働くことができれば、精神状態も良い状態で安定するでしょう。 

働くことができれば、妻も、四六時中家にいる夫が外に出るので、生活にメリハリができ、家事などが捗るだろうと言っていました。

しかし生活の面では、私の目算では障害基礎年金が貰えないと、働けたところで賃金は安く、生活保護からの脱却はできないだろうと見ています。

精神状態が回復するのを前提にここまで書いてきましたが、働くことができるレベルにまで回復せず、障害基礎年金が貰えなかったとしても、生活保護の障害者加算があるので生活がこれ以上苦しくなるということはないでしょう。

種々のサービスも受けられますし、精神障害者手帳を貰うことによるメリットはあってもデメリットはないと考えています。

といったことを考えていました。