ひびっちぇ どっとこむ

技術やら何やらのブログ

精神障害者保健福祉手帳の手続きの簡略化の話

先日、通院しているところに行って、医師に精神障害者保健福祉手帳の申請用の診断書を書いてもらいました。

診断書は先月くらいに病院に渡していたのですが、今の病院にかかる前にころころと転医していたので初診日(その病気が原因で一番最初に医者にかかった日付)がわからず、しばらく保留していました。

記憶を辿り、初診の病院に電話をかけ、奇跡的(初診日が五年前だったのでカルテが廃棄されていたかもしれないのです)に初診日がわかったのでメモをして、医師に伝え、やっと診断書をもらえたのです。

私の住んでいる地域では、精神障害者保健福祉手帳の診断書において、初診日がわからない場合は何年の何月頃と書いても良かったのですが、障害基礎年金の手続きをするときに初診日の情報が必要になるので調べました。

実は、精神障害者保健福祉手帳の手続きは、精神障害で障害基礎年金をもらっている場合は診断書はいらず、年金証書を出すだけでよく、等級は障害基礎年金と同じになるそうです。

なので、これから精神障害者保健福祉手帳と障害基礎年金の申請をしようとしている方で、早急に手帳が必要でなく、障害基礎年金が確実に貰えそうな方は障害基礎年金の申請を先にしたほうが手帳の申請が楽になると思います。

そんな話でした。