ひびっちぇ どっとこむ

技術やら何やらのブログ

Ubuntu 15.04でOpen JTalkいれて喋らす

まず、日本語の音声合成エンジンであるところのOpenJTalkをUbuntuに入れる。

sudo apt-get install open-jtalk open-jtalk-mecab-naist-jdic hts-voice-nitech-jp-atr503-m001

辞書を指定する-xオプション、音声データを指定する-mオプションは必須。
-owオプションでファイル名を指定してwavファイルの出力ができる。

で、とりあえず動かす。↓を叩くとホーム直下にwavファイルが出力される。

echo こんにちは、ひびっちぇだよ | open_jtalk \
-x /var/lib/mecab/dic/open-jtalk/naist-jdic \
-m /usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice \
-ow ~/open_jtalk.wav \

再生もしたいので、再生したあとに出力したファイルを消す簡易なシェルを書く。

#!/bin/bash

echo こんにちは、ひびっちぇだよ | open_jtalk \
-x /var/lib/mecab/dic/open-jtalk/naist-jdic \
-m /usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice \
-ow ~/open_jtalk.wav \

aplay ~/open_jtalk.wav 
rm -f ~/open_jtalk.wav 

viで作って、chmodでuserに実行権限を付与して、実行。

vi test.sh
#さっきのを貼り付けて保存
chmod u+x test.sh
./test.sh

参考にしたページ:

Ubuntuで「open-jtalk」日本語音声合成を使ってみる | BROKENDISH

Ubuntu Open JTalk その2 - open_jtalkコマンドの説明 - Ubuntu kledgeb