ひびっちぇ どっとこむ

技術やら何やらのブログ

書評みたいなのを書いて思ったこと

書評とかそういうのは書評ブロガーに任せよう……

俺はただのんべんだらりとしたブログが書きたいんだ……

 

自己啓発本を読むニート

『入社一年目の教科書』と『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』を読んだ。

「こういう習慣をコツコツ身につければデキるヤツになれるぜ!」といった内容。

内容が重複するところもあるが、どちらも買って損はしないと思う…… 多分。

 

『入社一年目の教科書』は、

  1. 頼まれたことは、必ずやりきる
  2. 50点で構わないから早く出せ
  3. つまらない仕事はない

の仕事における3つの原則を柱にして、4つのコラムを挟みながら50個の仕事のやり方について書かれている。巻末には著者のおすすめ本と著者がチェックしているTwitterアカウントが載っている。

社会人一年生が、どんな考え方で、どんなふうに仕事に臨めばよいか、みたいなことが書かれている。

読んだだけですぐに効果が出るような即効性のあるものではない。手元に置いておいて、何度も読み返すタイプの本だろう。

おわりに の部分に

一つ一つの項目を丁寧に心に落とし込んで、少しだけ行動を変えてみてください。

しばらくすると、それぞれの行動が相乗効果を生み出し、驚くべきスピードで成長する自分を実感できる。僕はそう信じています。

とある。

 

『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』は、「着実に目標を達成するための今すぐできる仕事のヒント」がそれぞれ8つの章

  1. 報連相のコツ
  2. 会議のコツ
  3. メールのコツ
  4. 文書作成のコツ
  5. コミュニケーションのコツ
  6. 時間のコツ
  7. チームワークのコツ
  8. 目標達成のコツ

に渡って書かれている。見開きで完結するようになっているので、気になったところからなど、どこからでも読める。

こちらも手元に置いておいて、何度も読み返してコツを自分のものにしたいと思った。

 

最後に、どちらもコンディショニングを大事にしようと書いてあったのが印象に残った。やはり体って大事。

北海道に行きたい

北海道に行きたい……

カニ、スシ、イクラ丼……

札幌と小樽か富良野に行きたい……

 

牧歌的

牧歌的。最近見かけた牧歌的な光景というと、近所の団地のそばで子供たちが縄跳びをしていたのが記憶に残っている。なんとも微笑ましかった。

その前は図書館に行く途中、青々と茂った街路樹の下で犬が交尾をしようとしていた時。

その前となると、小学生の頃まで遡る。私が通っていた校舎の廊下の端には小さなエレベーターホールがあって、そこで男子生徒たちが自分のちんちんの大きさを競っていた。なんと平和的で、おばかな行為だろうか。

どれだけ時代が進んでいっても、心のほっとする風景というのはある気がする。いつまでも、そういったものを見失わないようにしたいものである。

以上、仲間内でブログが流行りだしたので久々に文章を書いてみた。

 

読書について

小さい頃から本が好きだった。
親が宮沢賢治とかをよく買ってくれたからよく読んでいた。
青い鳥文庫。
オツベルと象なんかは今でも覚えている。グララアガアのところだけ。

高校生の時だったか、自分が読んだ本を記録しようと思って、
読書メーターに登録していた。
高校を卒業してからはある事情によりネットに繋げられなかったので、
自然と使わなくなっていた。

最近、それを見返してみている。
↓これ。

bookmeter.com

たまらなく憂鬱だった昔を思い出す。
なんだかこそばゆい、青臭い感じがする。

北方謙三が言っていたらしい
「死にたくなったら読書百冊、そのうち太宰をいくつか」
という言葉に感化されて、ずっと本を読んでいた。
『旅のラゴス』とか『いちご同盟』とか『ぼくがぼくであること』
なんかが一番思い出深い。初めて本を読んで泣いた。

漫画もけっこう読んでいた。
Holy Brownie』とか、『G戦場ヘヴンズドア』とか、
西洋骨董洋菓子店』とか、『ヨコハマ買い出し紀行』とか、
銃夢』とか、『HELLSING』とかが好きでよく読んでいた。

懐かしい……。
懐かしさに浸りがちになって、時々前に進まなくなってしまうので、
あんまり昔のことは思い出さないようにしているけれども、
やっぱり、不安だったり、すべきことがあったりするときは、 昔を思い出してしまう。

昔の何かに憑かれていたような自分の供養のために、
読みたい本212冊は全部読んであげよう。

Chromebook C300MA-WHITEを使ってみての感想

かなりよい。

何に使っているか

テレビゲームしながらwiki見たり、Youtube見ながらダラダラしたり、
調べ物したり、ブログを書いたりしている。
主にネットサーフィン(死語)用?

ハード面

今のところBackspaceキーとEnterキーが小さいのが気になるくらい。
使いたての時はちょとキーバインドに戸惑ったりしたけど、
それも最初だけ。直感的に使えている。

スペースキーの横の英数キーが地味に便利。
例えばMarkdownで何か書くときとか、
スペースは全部半角で打ちたい人とかに。

ソフト面

LINEもSkypeも使える。
仕事用に買ったわけではないので専門的なソフトとかも要らないし、
そういうのも代替できるものがChromeAppであるらしい。

あと、AndroidOSのスマホ持っているなら便利さが増す。
OSがLollipopならSmartLockでロック解除できるし、
テザリングiOSよりはAndroidのほうが安定して繋がるらしい。

その他

子供に買い与えるのもありかもしれない。
Duolingoとかの教育アプリがあるし、
セキュリティも抜群だし。

最後に

これ一台あるだけでQOLが上がった気がする。

ノートPC持ってなくて、PCゲームとかしないなら買いかもしれない。
飽きたらLinuxいれられるし。